TOKYO, Nov 27, 2019 - (JCN Newswire) - 日本電気株式会社(注1、以下NEC)と株式会社FiNC Technologies(注2、以下 FiNC)は、NECの先端IoT技術とFiNCの法人向けウェルネスサービス「FiNC for BUSINESS」(注3)を組み合わせた新たなウェルネス・ソリューションの共同開発において、株式会社マクアケ(注4、以下 マクアケ)が運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」(注5)を活用し、事業化を加速します。

具体的には、 「歩容(≒歩行の質)」を計測し、美しい歩行姿勢へ導く歩行センシングインソール「A-RROWG(アローグ)」の先行予約販売をMakuakeにて本日から開始します。

「A-RROWG」は、NECの小型の歩行分析センサを搭載した専用インソールとその人の歩容状態をチェックしてアドバイスを行うスマホアプリから構成されています。これまでの歩行分析実績から導き出された理想の歩行と最先端の歩容センシング技術により編み出された、NEC独自の「歩容推定モデル」を活用することで、センサが計測した歩行軌跡を基に、歩行速度、歩幅、接地角度、離地角度、足上げ高さ、外回し距離を取得して「歩容」を推定します。

FiNCはこの推定結果から、アプリ上で行われるその人に合わせた理想的な歩容のアドバイスやトレーニングメニューの監修を行います。この両者の強みを組み合わせ、美しい歩行姿勢を導きます。

さらに歩行分析センサは、歩いている状態のみ検知・起動し、徹底的に消費電力を抑える設計となっています。これにより、計測の精度を高めながら電池交換・充電の手間が省けます。

日常生活において、健康寿命を延伸するために健康を意識した生活を送ることが重要ですが、健康を意識した行動を常に取ることは容易ではありません。また従来、人の歩行状態を把握するには、歩行シーンの映像の活用や、ウェアラブルセンサを直接身体に装着する必要があり、場所や利便性、費用面で課題となっていました。今回、NECが開発する技術では、センサを小型・軽量化し、靴やインソールに内蔵することが可能となります。これにより、日常の歩行データを場所や時間にとらわれず、かつ、センサの装着を意識することなく収集することができ、個人の健康状態に合わせた、より高度な健康アドバイスを行うことができます。

今回、Makuakeによるクラウドファンディングを活用してサポーターを募り、歩容改善という新概念により日常生活の中で無理なく実践できる健康維持を支援する製品の開発に取り組みました。

今後両社は、本取り組みをベースに共同でウェルネス・ソリューションを個人顧客向けに提供していくとともに、企業の他、病院・介護事業者・学校などの公共・法人顧客へも提供していく予定です。なお、NECは本技術を靴・インソールメーカーへのOEM展開も進めていく予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191127_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NECとFiNC、クラウドファンディングを活用し、ウェルネス・ソリューションの共同開発を加速