TOKYO, Nov 19, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と日本電気株式会社(以下、NEC)は、FA-IT統合ソリューションe-F@ctory(注1)における第5世代移動通信方式(以下、5G)活用に向けた共同検証を開始することに合意しました。

両社は、工場内ではプライベート網であるローカル5G、工場間・企業間の連携には公衆網の5Gを適用するハイブリッド5Gを活用したe-F@ctoryの実証実験を共同で実施し、製造業の革新に貢献することを目指します。今回、製造業における両社の知見を活かし協業することで、5Gユースケースの検証を加速し、Society5.0の実現およびSDGsの達成に貢献してまいります。

共同検証の第1弾として、「IIFES2019」 (会期:11月27日(水)~29日(金)、会場:東京ビッグサイト) 三菱電機ブースでハイブリッド5G活用のコンセプトパネル・動画等を出展します。

少子高齢化による労働力不足やエネルギー消費増大による環境問題の発生などに伴い、製造業全体のさらなる効率化のニーズが高まっています。また、顧客ニーズの多様化により、ものづくりは少品種大量生産から、多品種少量生産、そして変種変量生産へと移行が進んでいます。これらに対応するため製造現場では、生産ラインの自動化や可視化、工作機械やロボットの多機能化による柔軟な生産設備の実現など、工場内のスマート化が進められています。また、工場間、そして企業間の高度な連携により、エンジニアリングチェーンからサプライチェーンまでのものづくり全体を最適化することが強く求められています。

例えば、ローカル5Gの活用により、工場内の多数の無人搬送車をよりスマートに動かすことができるようになります。さらに、ハイブリッド5Gにより、工場内の情報と公衆網の情報をつなげることで、エンジニアリングチェーン、サプライチェーン全体を最適化し、需要変動にフレキシブルに対応するスマート生産の実現が期待できます。

三菱電機は、幅広いFA製品のラインアップにより、長年にわたり製造業の発展を支えてきました。こうしたFA技術とITを活用し、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するFA -IT統合ソリューション「e-F@ctory」を提唱し、AIなどの新技術を積極的に取り込むことでe-F@ctoryを進化させています。e-F@ctoryの進化と共にローカル5Gでの実証実験を進め、ますます多様化・複雑化するお客さまの課題解決に向けて、ハイブリッド5Gを活用したトータルソリューションを提供していきます。

NECは、通信事業者向けの基地局ビジネスで培ってきた無線技術、ノウハウを活かし、5G基地局を開発し、商用機の出荷を開始しました。また、ネットワークの強みを活かし、新たな領域におけるサービス事業として「NEC Smart Connectivity」(注2)を推進しており、様々なパートナーと連携して新たな価値を創造しています。さらにNECは、e-F@ctory Allianceの一員として、三菱電機と共にFA技術とITの連携ソリューションを提供し、生産現場の課題解決に取り組んでいます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191119_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱電機とNECが製造業における5G活用に向けた共同検証を開始