Toyota City, Japan, Nov 1, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁、以下 ウェザーニューズ)とトヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役:豊田章男、以下 トヨタ)は、ウェザーニューズが持つ気象データとトヨタのコネクティッドカーから得られる車両データを活用して、気象観測・予測の精度向上やドライバーの安全向上を目指す共同研究の一環として、ワイパーの稼働状況と気象データから道路及びその周辺の状況を把握するための実証実験※1を、東京都・大阪府・愛知県の3都府県を対象に、11月1日より開始しました。

本実証実験では、対象地域を走るトヨタのコネクティッドカーのワイパー稼働状況をマップに可視化し、実際の気象データと照らし合わせます。ワイパーの稼働状況は主に降水の有無と対応するため、ワイパーデータの活用により、一般的な雨雲レーダーでは捕捉できない降水状況の把握が期待できます。実証実験では、ワイパーデータと気象データとの関係を詳細に分析し、降水のほかにも、ワイパーの稼働に影響を及ぼす現象を捉えることを目指します。

トヨタは、昨年6月に販売を開始したクラウン及びカローラスポーツを皮切りにコネクティッドカーの本格展開を開始しており、今後国内で発売するほぼすべての乗用車に車載通信機(DCM:Data Communication Module)を搭載していきます。ウェザーニューズは、全国約1.3万地点の独自の観測網に加え、ユーザーから届く1日18万通もの天気報告を活用することで、高精度な天気予報を実現しています。両社は本共同研究を通して、気象データとコネクティッドカーから得られる車両データを「いざという時に役に立つ」情報として広く提供し、ドライバーのさらなる安全に寄与することを目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/30483224.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「ウェザーニューズ×トヨタ、IoTとビッグデータで気象予測の精度及びドライバーの安全向上を目指す共同研究を実施