TOKYO, Nov 1, 2019 - (JCN Newswire) - 首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)、関西エアポート株式会社、アマノ株式会社、株式会社日立製作所、首都高ETCメンテナンス株式会社は、共同で、大阪国際空港駐車場において、日本の空港では初となるETC多目的利用サービス※1を導入します。

ネットワーク型ETC技術※2を活用することにより、事前登録されたETCカードの情報等をもとに駐車場の出入口ゲートが自動的に開閉されるため、チケットレスでよりスムーズな入出場が可能となります。出場時には、駐車場料金の精算時の手間を省き支払いが自動的に行われるため、よりスマートでキャッシュレスな出場が可能となります。

第1弾として、大阪国際空港駐車場の「南予約駐車場」※3をご利用される一部のお客様を対象※4に運用を開始します。将来的には、大阪国際空港駐車場をご利用されるすべてのお客様を対象に運用範囲の拡大を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/11/1101a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立など、国内空港初 大阪国際空港駐車場における「ETC多目的利用サービスの拡大」に向けた取り組み