TOKYO, Oct 31, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、AI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Platform」(以下 AAPF)において、利用目的ごとの柔軟なAI環境構築機能および、分析モデルの評価支援機能を強化します。

本プラットフォームはNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注1)の「異種混合学習」(注2)、「RAPID機械学習」(注3)、「テキスト含意認識」(注4)を搭載し、AIの検証から導入、活用までをトータルに支援するAI活用プラットフォームです。NECは、多様な専門家の協働により価値あるAIを生み出す、「みんなで創るAI」の実現を目指してAAPFを強化してきました。

今回、AAPFにKubernetes(注5)を取り入れたアーキテクチャを採用することで、時系列分析やテキスト分析、画像分析など、利用目的ごとに柔軟にAI環境を構築できるプラットフォームを実現しました。この強化したプラットフォームを2020年1月から提供開始します。この強化により、多様なAI環境をより簡単かつ迅速に構築、運用できるようになります。

さらに、データサイエンティストと業務専門家が双方の知見にもとづいて分析モデルを評価することを支援し、AIの円滑な業務適用を実現する機能「NEC Advanced Analytics Platform Modeler」(以下 AAPF Modeler)を2020年4月から提供開始します。本機能により、業務に適用できる分析モデルをより迅速に作成できるようになります。

NECは本プラットフォームを、NECグループが開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」(会期:11/7(木)~11/8(金)、会場:東京国際フォーラム)において紹介します。
「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」について https://uf-iexpo.nec/

NECは社会ソリューション事業に注力しており、 NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201910/20191031_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、AI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Platform」のAI環境構築機能を強化