Toyota City, Japan, Oct 16, 2019 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、新型車ヤリス*4を世界初公開しました。日本での発売は2020年2月中旬*5を予定しています。なおヤリスは、東京モーターショー期間中、お台場のヴィーナスフォートに展示*6するほか、10月末から12月にかけ、全国各地で展示予定です。

初代ヤリスは1999年、コンパクトカーの世界標準をつくろうとの気概のもと、トヨタの技術の総力を結集して作り上げたクルマでした。ゆとりの室内空間と、優れた基本性能をミニマムサイズで実現するため、プラットフォームをはじめ、エンジン、トランスミッション、サスペンションなど、主要コンポーネントをすべて新設計しました。

新型車ヤリスも、次の時代に求められるコンパクトカーの新たな価値を追求し、開発を進めてきました。今後トヨタの先進国向けコンパクトカーのベースとなるTNGA*1プラットフォーム(GA-B)を初採用したほか、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなど、すべてをゼロベースから作り上げた、新世代コンパクトカーです。軽量かつ高剛性、低重心なボディに加え、新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」に対し (1) Direct Shift-CVT (2) 新世代ハイブリッドシステム (3) 6速マニュアル、改良を加えた1.0Lエンジンに対し (4) 小型軽量化したCVTと、4種類のパワートレーンを用意し、軽快かつ上質な乗り心地と、スムースでダイレクトな加速を実現。軽快で走る楽しさを感じていただけます。

また、ハイブリッド車として世界最高レベルの低燃費を目指して開発を進めているほか、トヨタのコンパクトカーとして初めて、E-Four(電気式4WDシステム)を設定。高度駐車支援システム「Advanced Park」*2(トヨタ初)や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象(トヨタ初)とした最新の「Toyota Safety Sense」(標準装備*3)、どなたでも楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」*2(トヨタ初)、スマートフォンとの連携ができる「ディスプレイオーディオ」(全車標準装備)など、先進的な機能をいち早く採用しました。さらに、アクセサリーコンセント(1,500W)をハイブリッド車にオプション設定し、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、停電などの非常時には発電機として使用いただけます。

開発を担当したチーフエンジニアの末沢泰謙(すえざわやすのり)は、「初代誕生から20年の節目の年、ヤリスならではのコンパクトであることの強みを活かしつつも、プラットフォームやパワートレーン等、すべてを刷新し、お客様の既成概念をはるかに超えるクラスレスな新世代コンパクトカーを作り上げました。また、多くの方が乗るコンパクトカーだからこそ、走る楽しさはもちろん、世界最高レベルの低燃費と安心安全技術を、このヤリスから搭載しました」と語りました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/29933689.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「TOYOTA、新型車ヤリスを世界初公開