TOKYO, Oct 16, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、データベースと検索内容を暗号化したまま照合できる秘匿検索技術を強化し、暗号化されたデータベースから元データの類推を防止することで、より安全に照合できる技術を開発しました。

暗号化されたデータベースでも、公開された統計情報などと比較することで、登録数の一致などから元データを推定される危険性があります。今回開発した技術は、データベースに最小限のダミーデータを追加することで、データベース上の登録数を攪乱し、元データの類推を防止することができます。

これにより、クラウド上など様々な場所で管理される、パーソナルデータ(注2)や機密データ(注3)を暗号化させたデータベースを、さらに安全に活用することが可能になり、組織を横断したデータ利活用の促進が期待されます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/10/16.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通研究所、暗号化した機密情報の類推を防止する技術を開発