TOKYO, Oct 8, 2019 - (JCN Newswire) - 当社は、コネクテッドカーから収集される自動車ビッグデータを活用してサービスを提供する事業者向けにストリームデータ処理基盤「FUJITSU Future Mobility Accelerator Stream Data Utilizer」(以下、「Stream Data Utilizer」、ストリームデータユーティライザー)を10月8日より提供開始します。

「Stream Data Utilizer」は、株式会社富士通研究所(注1)が開発した、データ処理を継続しながら処理内容の追加・変更を実行できるストリームデータ処理技術「Dracena(ドラセナ)」を実装し、簡単かつ効率的な自動車ビッグデータの分析を支援する基盤です。

実世界で刻々と変化し続ける、歩行者や車両・道路・建物といったヒトやモノを単位にオブジェクトとしてデータ管理し、オブジェクト毎にデータを処理できるため、車両を含む周囲の状況の出来事をデジタル世界上に再現することが可能です。

また、継続的なデータ処理ができるため、コネクテッドカーへの危険情報予測のリアルタイムな配信など、無停止運用が求められる様々なサービスを柔軟に追加、変更することが可能です。当社は今後、北米や欧州地域へもグローバルに展開する予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/10/8.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、自動車ビッグデータの活用を加速するストリームデータ処理基盤「Stream Data Utilizer」を提供開始