TOKYO, Oct 3, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、産業用カラーTFT液晶モジュール「DIAFINE(ダイアファイン)」の新製品として、厳しい環境で使用する建設機械、農業機械や工作機械などの表示器向けに、従来製品比※1約7倍の高い耐振動性能(加速度6.8G※2)と広い動作温度範囲(-40度~+80度)、超広視野角(上下左右176度)を実現した12.1型WXGAのサンプル提供を10月31日に開始します。

新製品の特長

1. 加速度6.8Gの耐振動性能を実現し、建設機械・農業機械・工作機械に対応
- 機構設計や構成部品の最適化により高い耐振動性能を実現し、振動の厳しい環境で使用される建設機械、農業機械や工作機械の表示器などに対応可能
- コンプレッションマウント固定方式※3の場合、従来比※1約7倍(6.8G)、液晶モジュール側面からのネジ固定方法※4の場合、従来比※1 1.5倍(1.5G)の耐振動性を実現

2. 広い動作温度範囲を実現し、厳しい温度環境に対応
- 機構設計の最適化や部材仕様の見直しにより、従来製品※1よりさらに広い動作温度範囲 (-40度~+80度)を実現し、厳しい温度環境での使用に対応

3. 超広視野角、広色再現範囲、高輝度・高コントラスト比で幅広い用途に対応
- 上下左右176度の超広視野角で視認性を確保し、表示器の設置場所の多様化に対応
- 従来比※1 1.4倍の広い色再現性範囲(NTSC比70%※5)により、色鮮やかな表示が可能
- 超高輝度(1,500cd/m2)・高コントラスト(1,000:1)により、明るい場所での視認性の確保に加え、広い調光範囲(1~100%)で屋内外などのさまざまな照度環境での表示に対応

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1003.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱電機、高い耐振動性能・広い動作温度範囲・超広視野角で建機・農機・工作機械向けに対応