TOKYO, Aug 6, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、防犯機器や空調機器、人数カウントソリューション、スマートビルなどの幅広い分野において、人・物の識別や行動把握を高精度に実現するサーマルダイオード赤外線センサー「MelDIR※1(メルダー)」を11月1日に発売します。

本製品は、当社が設計・製造を担当した陸域観測技術衛星2号「だいち2号」※2に搭載したサーマルダイオード赤外線センサー技術の活用により、高画素化・高温度分解能化※3を実現し、詳細な熱画像を取得できます。

新製品の特長

1. 高画素化・高温度分解能化により、人・物の識別や行動把握を高精度に実現
-「だいち2号」に搭載したサーマルダイオード赤外線センサー技術の活用により、従来比※410倍の高画素化(80×32画素)と、従来比※4 5倍の高温度分解能化(100mK※5)による0.1度単位での温度分析を実現
- 高画素化、高温度分解能化により、詳細な熱画像が取得でき、人か物かの識別や人が歩く・走る・手を挙げるなどの行動把握が可能

2. 真空封止チップスケールパッケージ技術により、小型化・省スペース化に貢献
-独自開発のチップスケールパッケージ技術※6により、これまで真空封止に必要であったセラミックパッケージを用いることなく、真空状態での動作を実現
-新パッケージ技術により、製品サイズを従来比※4約80%縮小し、小型化・省スペース化に貢献

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0806.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱電機、サーマルダイオード赤外線センサー「MelDIR(メルダー)」発売のお知らせ