TOKYO, Jun 6, 2019 - (JCN Newswire) - Hondaは、クラストップレベル※1の高い動力性能や優れた経済性でご好評いただいている大型4ストローク船外機「BF250」(250馬力)「BF225」(225馬力)「BF200」(200馬力)に新開発の電子制御リモートコントロールシステム(DBW※2)を搭載したタイプを追加するとともに、DBWを搭載した新型「BF175」(175馬力)を、6月10日(月)より全国のHonda船外機取扱店で販売します。

今回タイプ追加したBF250/BF225/BF200ならびに新型BF175に採用した新開発のDBWは、Hondaの船外機として初めて採用。電子制御リモートコントロールによるスムーズで確実なシフト操作と、素早く正確なスロットル操作を実現しています。また、最大4基掛けまでの多基搭載時における快適な操作性や、2系統の通信ラインを設けたシステムによる高い信頼性も兼ね備えています。

また、新型BF175には、BF250/BF225/BF200で好評の3.6L V型6気筒エンジンとV字型フォルムデザインを採用。さらに、耐久性に優れたギアケースや大径プロペラの採用により低回転から高回転までの広い回転域における優れたトルク特性と加速性能を実現しています。

なお、このBF250 新タイプを搭載したクルーザーを2019年6月14日(金)から18日(火)までHonda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」(東京都港区)の玄関前にて展示します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/p190606-bf.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Honda、船外機BF250/BF225/BF200に電子制御リモートコントロールシステム搭載タイプを追加するとともに、BF175をモデルチェンジし発売