Toyota City, Japan, May 16, 2019 - (JCN Newswire) - 新型RAV4の受注台数は、4月10日の発売からおよそ1カ月*1にあたる5月15日時点で約24,000台、月販目標(3,000台)の8倍と、好調な立ち上がりとなっています。新型RAV4は、お客様の好みに合わせて3種類の4WDシステムからお選びいただけるラインアップとしておりますが、約9割のお客様に4WD車をお選びいただいています。また、ご購入いただいた方のうち20代・30代が約4割となっています。

1 .受注台数
受注台数/参考月販目標台数
約24,000台/3,000台

2. 主な好評点
- SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザイン
- あらゆるシーンに応える、クラス*2トップレベルのラゲージスペースと便利な気配り空間
- 新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD(世界初*3採用*4)」をはじめとした3種類の4WDシステムの優れた走行性能

3. 受注実績の主な特徴
- 4WD*5車をお選びいただいているお客様は全体の約9割。また、新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」搭載車は全体の約3割(ガソリン車のうち約6割)
- メーカーオプションは、インテリジェントクリアランスソナー*6の選択率が約8割、ハンズフリーパワーバックドア*7が約6割、快適温熱シート+シートベンチレーション*8が約6割
- ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインが約4割、アティチュードブラックマイカが約3割。Adventureの中では新規開発色のアーバンカーキ(ツートーン含む)が約4割

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/28133228.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「トヨタ、新型RAV4 受注状況について