TOKYO, May 8, 2019 - (Media OutReach) - アーティセン・エンベデッドテクノロジーズは本日、同社のiHPデジタル・コンフィギュラブル高出力システムに新しい3スロット・50V/12kWモジュールを発表しました。これによりユーザーはスロットをセーブし、従来よりも大幅な低コストで単出力による高出力が実現可能になります。これまで自社の機器に12 kWの単出力が必要なユーザーは、4台の単スロット3 kWモジュールを並列で使用しなければなりませんでしたが、この新モジュールは3スロットを備えて他の出力モジュールのスロットを温存し、大幅なコスト節減を実現します。

ユーザーは、アーティセンのコンフィギュラブル・インテリジェント高出力システムiHPシリーズの出力を、アーティセンが提供する標準モジュール製品範囲から独自のアプリケーション要件に合わせてカスタマイズできます。このTWモジュールは公称出力50 Vで、 2.5 Vから60 Vまで調整可能です。そのため1つの高出力と複数の他出力の組合せが必要なアプリケーションに理想的で、現行のiHP モジュールを使用して 0.12 ~300 V 範囲に構成することができ、ほとんど無限の出力構成が可能です。

アーティセンのコンフィギュラブル・インテリジェント高出力システムiHPシリーズは、広範囲の医療用及び産業用アプリケーション向けに設計されています。また、LED照明装置のリモート電源として、個別のLEDドライバの代替となり、導入コスト及び年間電力コスト節減になるため、植物育成用照明のアプリケーション範囲でも採用されています。

このiHP電源システムは、開発企業のシステムへのアナログまたはデジタル・インターフェースの搭載が可能で、CANbus、イーサネット、RS485を含む標準通信プロトコルをサポートします。デジタル制御は、アーティセンの高レベルな PowerPro ソフトウエア・グラフィカル・ユーザーインターフェース(GUI) の使用を可能にし、単体または複数iHP システムの全機能を制御及びモニターできます。PowerPro GUIはグラフィックなスクリプト作成機能も備えており、ユーザーは独自のプロセス制御ルーチンを書き込むことが可能です。

アーティセンのコンフィギュラブル電源

この新uMPシリーズは、卓越した性能と信頼性とコスト効率で定評あるアーティセンのコンフィギュラブル電源シリーズ ポートフォリオ中の1製品ラインにすぎません。アーティセンConfigPro(TM) オンライン電源コンフィギュレータは、当社のコンフィギュラブル製品レンジが可能にする300万通り以上の組合せの中から、カスタマーが最適のソリューションを検索するお手伝いをします。産業・医療機器設計者はこのConfigPro ツールにより、コンフィギュラブル電源の特定と使用が容易になり、多くの場合に高コストのカスタムソリューションが不要になります。

アーティセン・エンべデッド・テクノロジーズ について

アーティセン・エンべデッド・テクノロジーズは、通信、コンピューティング、民生用エレクトロニクス、医療、軍事、航空宇宙、産業用オートメーションを含む広範な業界を対象に、高信頼性の電力変換と組込みコンピューティングソリューションを設計、製造する世界的リーダーです。40年以上にわたり、顧客企業はタイム・トゥ・マーケットを加速しリスクを低減する、コスト効率の高い先進的ネットワーク・コンピューティング及び電力変換ソリューションによって、アーティセンを信頼してきました。

メディアお問い合わせ先:
Alice Hui
+852 2176 3548
Alice.Hui@artesyn.com

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「アーティセンのiHPデジタル・コンフィギュラブル高出力システムの新12kWモジュールは、大幅な低コストで個別モジュール4基に代替可能