TOKYO, Nov 30, 2018 - (JCN Newswire) - Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒800ccエンジンを搭載した大型ツアラーモデル「VFR800F」と大型クロスオーバーモデル「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器※1を標準装備し、「VFR800F」の「ヴィクトリーレッド」と「VFR800X」を12月14日(金)に、「VFR800F」の「パールグレアホワイト(ストライプ)」を2019年3月8日(金)にHonda Dreamより発売します。

今回、VFR800Fの気品漂う上質なスタイリングには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」※2を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージをより高めました。

VFR800Fのカラーバリエーションは、新色のパールグレアホワイト(ストライプ)と従来色のヴィクトリーレッドの全2色を設定。VFR800Xのカラーリングは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定としています。

また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップしています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2018/2181130-vfr800.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Honda、「VFR800F」「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともにETC2.0車載器を標準装備し発売