Aichi, Japan, Nov 29, 2018 - (JCN Newswire) - 中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)と株式会社デンソー(本社:刈谷市昭和町、取締役社長:有馬 浩二、以下「デンソー」)は、ご家庭のエコキュート※1、全館空調を活用して地域の電力需要を調整するデマンドレスポンスサービス「CO-エネ」(コ-エネ、以下「本サービス」)を、2019年2月1日より開始します。

両社は、デマンドレスポンスサービスの提供やバーチャルパワープラントの構築に向けた取り組みとして、エネルギーマネジメントシステムを共同開発し、トヨタホーム株式会社(本社:名古屋市東区、取締役社長:山科 忠、以下「トヨタホーム」)の協力を得て、2018年1月から豊田市などで実証実験を進めております。

本サービスは、中部電力が提供するお客さま参加型取引サービス「これからデンキ」のひとつとして、両社が共同開発したエネルギーマネジメントシステムを活用し、お客さまの電気の使い方の工夫を買い取りするサービスです。

具体的には、電力使用量の多い夏場の時間帯や、太陽光発電の発電量が多い時間帯など、中部電力が電力の需要と供給のバランスを調整したい場合に、ご家庭に設置されたデンソーのHEMS※2を介して、エコキュートの運転時間や全館空調の温度を自動でコントロールさせていただきます。

ご協力いただいたお客さまには、エコキュートや全館空調のコントロール時間に応じた対価を「買取額」として、翌々月の電気料金に充当します。

お客さまには、機器をコントロールする日時等を事前にお知らせしたうえで、自動でコントロールを行うことから、利便性や快適性を損なわず、電気料金をお得にするサービスをご利用いただくことができます。

両社は、本サービスの提供を通じて、発電所の効率運転や太陽光発電の稼働率を向上させることで、環境負荷低減に貢献します。

今後、デンソーのHEMSやエコキュート、全館空調等を採用しているトヨタホームの住宅にお住まいのお客さまをはじめとして、広く提案を進めるとともに、本サービスの開始を第一歩として、蓄電池やEV・PHVを制御対象に追加するなど、より多くのお客さまにご利用いただけるよう、両社でサービス内容を順次拡大していくことで、電力需要に対する調整力を一層高めてまいります。

両社は、今後も、「エネルギー×モビリティ」のサービスプラットフォームを構築し、新たなサービス・ビジネスの創出に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2018/20181129-01/

概要:株式会社デンソー

詳細は www.denso.com/jp/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「デンソー、ご家庭向けデマンドレスポンスサービス「CO-エネ」の開始について