TOKYO, Oct 4, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、制御システムでのUSBメモリの不正使用によるセキュリティインシデントの発生を防止する、USB管理ソリューション「NX UsbMonitor*1」のラインアップを強化し、USBの不正接続を統合管理するソフトウェア 「NX UsbMonitor/Manager」と、省スペース化を実現した小型のUSB接続管理装置を製品化し、10月4日から販売を開始します。

「NX UsbMonitor」は、OSに依存せず、物理的に取り付けるだけで不正なUSBメモリの接続を遮断できるUSB接続管理装置および管理ソフトウェアで構成する、USBセキュリティ対策ソリューションです。今回、従来のスタンドアローン*2型のUSB接続管理に加え、広範囲にわたって管理が求められる大規模制御システム向けに、USB接続管理装置の稼働状況や、未登録のUSBメモリの使用履歴などをネットワーク経由で統合管理できる「NX UsbMonitor/Manager」を新たに製品化しました。

あわせて、USB接続管理装置において、従来の4ポート型モデル比約50%の省スペース化を実現した1ポート型モデルをラインアップに追加し、必要最小限のUSBポートにのみ対策が必要な場合や、設置スペースが限られている場合など、お客さまの多様なニーズに対応します。

重要インフラや産業設備の制御システムは、システムの改修に伴う稼働検証に要する作業が膨大となることから、USBメモリの不正使用対策においても、システム改修を伴わない対策が一般的です。また、大規模な制御システムの場合、数十から数百台規模の制御装置や端末が広範囲にわたって設置されているため、人手での保守・運用には限界があるほか、インシデント発生時には、その発生源や原因の特定など、現場の状況を素早く把握し、迅速な判断・対応が求められます。

今回新たに販売開始する「NX UsbMonitor/Manager」は、従来、USB接続管理装置ごとに対応が必要であったUSBメモリの接続可否を判断するホワイトリストの登録・更新や、接続ログの収集・蓄積・管理をネットワーク経由で一元化できるソフトウェアです。

これにより、制御システムの現場で広範囲にわたり多数設置されている装置群を統合管理することで、運用工数を大幅に削減するほか、ホワイトリストに未登録のUSBメモリが接続された時刻や場所、その固体情報をリアルタイムに確認でき、影響範囲を特定するなど、インシデント発生時の迅速な対応を支援します。

日立は、本ソリューションのほか、外部からの不正なアクセスから企業内のネットワークを切り離す「NX NetMonitor*3」や、片方向の通信を物理的に遮断し、不正なアクセスを防止する「NX Oneway-Bridge*4」など、既存の各種制御システム向けセキュリティ対策製品と組み合わせ、制御システム全体におけるさらなるセキュリティ強化や、重要インフラの安定稼働に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/10/1004a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立、USBメモリの不正使用によるセキュリティインシデントの発生を防止するUSB管理ソリューション「NX UsbMonitor」のラインアップを強化