TOKYO, Sep 13, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は13日、統合レポート「MHIレポート2018」(以下、本レポート)を発行しました。本レポートでは、当社が社会から必要とされる企業であり続けるために、現在そして未来の社会課題を解決していくことで、人々の暮らしに貢献するというビジョンを示しています。また、そのビジョンの実現に向けて、どのような戦略を掲げ、社内の各リソースがどのように機能しているのかという点について描き出すように努めました。

具体的には、2018年度からスタートした3ヵ年にわたる中期経営計画「2018事業計画」で新たに打ち出した当社の目指す姿「Triple One Proportion」や、地球上のすべての人々が安心して暮らせる社会の実現に向けて絶え間なく変革を続ける当社の取り組みを表した「MHI FUTURE STREAM」等について解説しています。

また、当社がこれまで進めてきた一連の経営改革の成果と今後進むべき方向性を踏まえて、各チーフオフィサー(CEO、CFO、CSO)から中長期的な成長に向けた経営戦略について説明しています。

事業に関しては、昨今の事業環境と社会課題を踏まえ、当社が手掛ける事業がどのような価値を社会に提供し、今後どのように事業を発展させていくのかについて紹介しています。

三菱重工グループは、財務・非財務情報を網羅した本レポートを通じて、持続的な成長軌道の第一歩を踏み出した当社の経営状況を幅広いステークホルダーに向けて発信していきます。

MHIレポート(アニュアルレポート)https://www.mhi.com/jp/finance/library/annual/index.html

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/1809135964.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱重工、統合レポート「MHIレポート2018」を発行