Toyota City, Japan, Sep 11, 2018 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、シエンタをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて9月11日に発売しました。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリル等の意匠変更を行い、Fun & Activeな外観デザインを進化させました。また、従来の3列シート車(6人または7人乗り)に加えて、アウトドアや車中泊に最適な、2列シート車(5人乗り)「FUNBASE X」「FUNBASE G」を新設定しました。安全機能については、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を設定*1したほか、ハイブリッド車は28.8km/L*2の低燃費を実現し、平成32年度燃費基準+50%を達成しています。

主なポイント

1. 2列シート車を新規設定
- 2列目シートを倒すことで、フラットかつ、最大荷室長2,065mm*3の大容量なラゲージを実現しました。26インチのマウンテンバイク2台の積載や、車中泊などの、アクティブなシーンで活躍します。
- デッキサイド両側には、ユーティリティホールが9個ずつあります。販売店装着オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで、さまざまなアクティビティ用途に対応した荷室の使い方ができます。

2. 安全機能を強化
- アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかける*4インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を新設定*1しました。
- 歩行者(昼間)検知機能を追加した、Toyota Safety Sense*5を設定しました。
- 車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターをオプション設定しました。運転席からの目視だけでは見えにくい、車両周辺の状況をリアルタイムに確認することができます。

3. 外観デザインを進化
- 「Fun & Active」な世界観、および「斬新・スポーティさ」を継承しながら、フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップの意匠を変更し、質感を高めました。
- 外板色に、ツートーン全6色を新設定。モノトーンは、新規設定色ベージュ*6などを含む全10色を設定しています。

4. 便利な機能を拡充
- パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)を新設定*7。パワースライドドアのクローズ中に施錠操作を行うと、クローズ後の施錠を予約できます。
- 後席への荷物の置き忘れを通知する、リヤシートリマインダーを日本初*8採用*9。後席ドアの開閉でシステムが作動し、走行後、車両を停車しイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示されます。

5. ウェルキャブ
- 車いす仕様車および助手席回転チルトシート車を継続設定し、ベース車と同様の改良を実施*10しています。また、車いす仕様車については、ラゲージスペースが使いやすくなるスロープ前倒れ機能を設定拡大し、全車標準装備としました。
- 2018年10月10日(水)~12日(金)に東京ビッグサイトで実施される「第45回 国際福祉機器展H.C.R.2018」に展示する予定です。

販売概要
1. 販売店: 全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店
2. 月販目標台数: 7,600台

生産工場
トヨタ自動車東日本(株) 宮城大衡工場

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/24507657.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「TOYOTA、シエンタをマイナーチェンジ