TOKYO, Feb 26, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は本日、インドネシア共和国政府に対して、同国における電動車の普及に関する共同研究のため、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』8台、EV『i-MiEV(アイ・ミーブ)』2台の計10台と急速充電器4台を寄贈し、現地で記念式典を開催したことを発表しました。

今回の寄贈は昨年12月に発表したインドネシア政府との覚書に基づくものであり、寄贈された車両と急速充電器は電動車普及に必要なインフラ整備の調査を目的とした、同国の工業省や研究機関との共同研究で使用されます。

共同研究では、都市、観光地、離島といった異なる環境下における電動車の実用性の他、電動車が電力平準化に役立つことを実証していく予定です。

三菱自動車の益子修CEOは今回の寄贈に際して、「今回の寄贈が、インドネシア政府並びに国民の皆様にとって、さらなる自動車社会の発展、様々なコミュニティの深化、安全で緑豊かな環境の整備に繋がれば幸いです」と述べました。

また、「インドネシアは東南アジアで最も有望な市場の1つであり、若年層にも自動車所有の機会が拡大していく可能性があります。その中で、自動車所有の増加と環境保全の間でバランスを取る必要性もあります」と話しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5176.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自動車、インドネシアで電動車の寄贈式を開催