TOKYO, Feb 21, 2018 - (JCN Newswire) - 「富士通グループ環境報告書2017」は、第21回「環境コミュニケーション大賞」(主催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム)において、環境報告書部門「地球温暖化対策報告大賞(環境大臣賞)」を受賞しました。

富士通グループは、環境課題を経営の最重要課題の1つと捉え、気候変動への対応を始めとして事業と一体となった環境活動に取り組んでいます。本報告書では、その活動の柱となる2050年までの中長期環境ビジョン「FUJITSU Climate and Energy Vision」の概要や、2016年度から3年間の環境目標「第8期富士通グループ環境行動計画」に対する実績と最新事例などを紹介しています。今回、このような環境活動が、地球温暖化対策に貢献していると評価されました。

富士通グループは、今後も社会・環境課題の解決に貢献するとともに、環境活動を積極的に開示していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/02/21.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、「富士通グループ環境報告書2017」が「地球温暖化対策報告大賞(環境大臣賞)」を受賞