TOKYO, Feb 9, 2018 - (JCN Newswire) - 世界最大級の交通プラットフォームを手掛ける滴滴出行(以下「DiDi」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、日本のタクシー事業者向けサービスにおいて協業することになりましたのでお知らせします。この協業は、タクシー事業者とドライバーの稼働率向上を目的に、DiDiの卓越したAI(人工知能)技術を活用してタクシー配車プラットフォームの構築を目指すもので、2018年中をめどに大阪府、京都府、福岡県、東京都などで実証実験を実施予定です。また、両社は合弁会社の設立も視野に入れています。

日本のタクシーは、質の高いサービスを提供することで知られています。DiDiとソフトバンクは、DiDiが持つ深層学習をベースにした需要予測とスマート配車システムに、ソフトバンクの日本国内の事業基盤と知見を掛け合わせることで、日本のタクシー配車サービスをより最適化し、利用者の利便性向上を図ることができると考えています。ソフトバンクは、最先端テクノロジーの日本への導入に注力しており、このたびの協業はこの取り組みの一環です。

DiDiとソフトバンクは、日本の市場環境や関連法令を慎重に調査すると同時に、タクシー事業者や関係省庁、その他ステークホルダーと積極的に連携し、日本の全タクシー事業者が導入可能なオープンで中立的なプラットフォームの構築を目指します。

DiDiは、タクシー配車事業者として2012年に設立されて以来、世界をリードするワンストップの交通プラットフォームを構築し、タクシードライバーの稼働率と収入を向上させるため、継続的にビッグデータを活用してきました。DiDiのアプリケーションには、現在約200万人のタクシードライバーが登録しており、世界最大級のタクシー配車プラットフォームを手掛ける企業へと成長しました。2017年には、DiDiのプラットフォームを通じて約11億件の配車が実行されました。DiDiは、タクシー事業者が高度なITシステムやドライバー管理システムを構築できるよう、各事業者と緊密に連携しており、現在、中国で約500のタクシー事業者と提携しています。

滴滴出行について

世界最大級の交通プラットフォームを手掛ける企業で、アプリケーションを通じて4億5,000万人以上の利用者に「DiDi Taxi」「DiDi Express」「DiDi Premier」「DiDi Luxe」「DiDi Hitch」「DiDi Bus」「DiDi Minibus」「DiDi Designated Driving」「DiDi Car Rental」「DiDi Enterprise Solutions」「DiDi Bike-Sharing」などの幅広い交通手段を提供しています。1日当たりの乗車数は約2,500万件に達し、2,100万人を超えるドライバーと車両オーナーがDiDiのプラットフォーム上でフレキシブルに収入を得ています。DiDiは、ビッグデータを活用したAI技術によりタクシーおよびバス業界の変革と進化を推進し、都市部で高度な交通網が構築されるように取り組んでいます。また、インテリジェント・ドライビング・プロジェクトを手掛け、国際的に急速に広がりつつある電気自動車分野にも事業を拡大しています。さらに、ライドシェアのグローバル企業であるGrab、Lyft、Ola、Uber、99、Taxify、Careemの7社に出資し、これらの企業と技術提携をしています。このグローバルネットワークは世界の全人口の70%以上、また1,000以上の都市を網羅しています。DiDiは、交通、環境、雇用における課題解決のため、各地域の関係者やパートナー企業との連携に注力しており、顧客体験を常に向上させ、社会的価値を生み出すことで、オープンで、効率的、かつ他社とも連携可能で持続的な交通エコシステムの構築を目指しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180209_01/

概要:ソフトバンク株式会社

詳細は www.softbank.jp をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「ソフトバンクと滴滴出行、日本のタクシー事業者向けサービスで協業