TOKYO, Jan 24, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、車載ネットワークにおけるサイバー攻撃を検知する技術を開発しました。

コネクテッドカーでは外部からの遠隔操作攻撃の危険性が指摘されており、攻撃を車内でリアルタイムに検知する必要がありました。一般的な従来技術では、周期的に伝達される車載ネットワークのメッセージの間隔が許容範囲を外れるかどうかで攻撃メッセージを検知しますが、実際のメッセージは受信タイミングが揺らぐことがあるため、正規メッセージを攻撃メッセージと誤って検知し、その結果、スムーズな走行の妨害となる可能性がありました。

開発技術では、平常時のメッセージの受信周期を学習し、学習した周期に対応するメッセージの受信数と実際の受信数のずれを利用して攻撃の可能性を判定します。ずれが発生した場合、その後の受信メッセージのタイミングにより、検知結果を補正するため、誤って検知することなく、攻撃メッセージを検知することが可能です。

本技術は、富士通株式会社(以下、富士通)が提供する「Mobility IoTプラットフォーム」を構成する要素として、2018年度での実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/01/24-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通研究所、車載ネットワークでのサイバー攻撃を検知する技術を開発