欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は英フィナンシャルタイムズ紙の寄稿で、ビットコインは不出来なお金の偽物に過ぎないとの考えを示した。政策当局が違法な利用、消費者や投資家が侵害されることを懸念することは正しいことだとの見解を示した。

商品にビットコインで価格を設定するものはほぼいない。また、ビットコインで支払う消費者もわずかだとした。価値の蓄積という意味で、カジノのギャンブルに等しいと加えた。
<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「クーレECB理事「ビットコインは不出来なお金の偽物」【フィスコ・ビットコインニュース】