欧州委員会は、欧州連合(EU)内の仮想通貨マイニング用の電力消費が増えていることに対する懸念に注視していることを明らかにした。ディジタル経済、社会を監督しているマリヤ・ガブリエル委員が明らかにした。

委員会は仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーによる電力消費の拡大に関しての懸念を認識している。現状ではEU内で電力消費を抑制または、限定する法的根拠はない。しかし、電力消費は経済活動で、EU規制の支配下によるエネルギー効率にあてはまる。
委員会は仮想通貨マイニングは違法活動ではなく、監視はしない。しかし、エネルギー需要に与える影響を見直していく方針。ブロックチェーンテクノロジーのアプリケーション処理能力のための必要性が広域に及ばないよう留意していくことが重要だと指摘した。
<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「EU高官、仮想通貨マイニングを禁止する法的根拠なし【フィスコ・ビットコインニュース】