銘柄名<コード>2日終値⇒前日比
リアルワールド<3691> 666 +29
子会社が店舗向けSNSマーケティング支援サービスを提供開始と。

ブリッジインターナショナル<7039> 1428 +91
インサイドセールス事業好調で通期営業利益を上方修正。

レカム<3323> 143 +6
AIを活用した業務内容を視える化するサービスの販売開始。

阿波製紙<3896> 618 +100
引き続きセルロースナノファイバーの採用拡大期待。

内田洋行<8057> 5240 +705
第1四半期営業利益は通期計画を超過へ。

大研医器<7775> 630 +100
いちよし証券ではレーティングを引き上げている。

ダブル・スコープ<6619> 833 +76
子会社が転換社債で資金調達と発表する。

エイチワン<5989> 845 +96
中国で合弁事業を展開と発表する。

星光PMC<4963> 1072 +66
阿波製紙の上昇でセルロースナノファイバー関連として物色波及。

ベクトル<6058> 1139 +68
10月の高値水準更新して買い戻しも優勢か。

アダストリア<2685> 2536 +83
JPモルガン証券では投資判断を格上げしている。

大真空<6962> 1649 +133
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では買い推奨に格上げ。

日本電波工業<6779> 668 +56
大真空との連動高の展開が続く。

ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674> 2304 +89
TIWでは投資判断を格上げしている。

日本M&Aセンター<2127> 3750 +105
事業再編や業界再編の流れが足元では強まっており。

トリケミカル研究所<4369> 7800 -850
8-10月期の収益成長率鈍化をマイナス視。

ファルテック<7215> 1260 -105
先週末の大陰線受けて過熱警戒感からの処分売り優勢。

廣済堂<7868> 880 -62
需給思惑で上昇してきた反動強まる。

LIFULL<2120> 555 -41
リバウンド一服感で戻り売りが優勢に。

日本通信<9424> 220 -17
東証では日々公表銘柄に指定。

池田泉州ホールディングス<8714> 203 -7
商いの膨らんだ直近高値水準では戻り売り圧力。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part1 レカム、阿波製紙、内田洋行など