USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は10日、2019年8月期連結決算を発表した。売上高が1,757.69億円、営業利益が82.39億円、経常利益が67.02億円、親会社株主に帰属する当期純利益が60.69億円となった。2018年8月期における決算期変更に伴い、対前期増減率を記載していない。

店舗サービス事業の売上高は486.99億円、営業利益は77.03億円となった。特に、業務店向け市場において顧客との取引の維持拡大、新規顧客の獲得及びブランド力の向上に取り組んだ。業務店・チェーン店向けには、総合的なソリューションの提供やサポートを提案した。

通信事業の売上高は400.27億円、営業利益は26.43億円となった。ブロードバンドインターネット回線の販売代理は、小規模事業者向けを中心とした新規獲得活動が引き続き堅調に推移しており、ワンショット型手数料獲得となる代理店事業から同社のサービス提供によるサービス展開に移行していくことで、ランニング売上の拡大による収益の安定化へのシフトを図っている。

業務用システム事業の売上高は204.34億円、営業利益は35.12億円となった。ホテル市場は、ホテル管理システム、自動精算機等の導入のニーズが高いことから、新商品の市場投入や提案型営業の強化により顧客ニーズを捕捉し、市場浸透率の向上とシェアの拡大に継続的に取り組んだ。また、病院においては、長年培ったテクノロジーと知見を集大成し、人工知能を使った顔認証・保険証確認機能搭載の次世代型キオスクを市場投入した。

コンテンツ配信事業の売上高は336.67億円、営業利益は4.31億円となった。映像配信サービスの市場が活性化する中、引き続きユーザーエクスペリエンスの改良、コンテンツの拡充、マーケットの開拓を進め、順調に契約者数を伸ばしている。

エネルギー事業の売上高は300.22億円、営業損失は3.68億円となった。専従の営業部門を設ける等、積極的な投資並びに営業活動を推進している。2016年9月の立上げ以来契約者数は順調に増加しており、第4四半期において単月黒字化を達成。引き続き積極的な拡販体制を維持し、来期は通期ベースでの黒字化を目指している。

メディア事業の売上高は52.56億円、営業利益は3.55億円となった。「ヒトサラ」では24時間365日、時間に関係なく問い合わせ内容に自動応答することができ、加盟店の疑問をスピーディに解消できるようになり、AIによる自動応答と、オペレーターによる有人対応をスムーズに切り替え、「AIと人」それぞれの得意分野を活かしながら、より加盟店に寄り添った円滑な対応が可能となった。

2020年8月期通期の連結業績予想については、売上高が前年同期比12.1%増の1,970.00億円、営業利益が同9.2%増の90.00億円、経常利益が同14.9%増の77.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同45.6%減の33.00億円を見込んでいる。19/8期において約40億円の繰延税金資産を計上した関係で当期純利益は減益となるものの、事業収益である営業利益及び経常利益は大幅な増益予想。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「USEN-NEXT HD---19/8期は営業利益が82.39億円、高収益な店舗サービス事業が安定的に推移