銘柄名<コード>14日終値⇒前日比
ITbookHD<1447> 301 -19
1Q営業益は2.2億円の赤字に。

光通信<9435> 25750 +1780
1Q営業益は前年同期比51.5%増、年間配当を従来計画の372円から384円へ増配。

イオレ<2334> 3355 +504
1Q営業益は0.33億円の黒字に転換、上期計画超過。

インパクト<6067> 1643 -399
四半期報告書の提出期限延長を申請。

技研ホールディングス<1443> 242 +30
継続的な原価低減や事業所の統廃合が奏功し1Q営業益は前年同期比2.9倍。

フリージアマク<6343> 114 +4
1Q営業益は前年同期比4.3倍、住宅関連事業がけん引。

ダブルスタンダード<3925> 4690 +700
第1四半期業績横ばいも通期業績予想を上方修正。

イーレックス<9517> 1265 +193
第1四半期大幅増益決算確認で改めて収益成長評価の動きに。

ネットマーケティング<6175> 719 +81
前日に続き大幅増益見通しを材料視で。

ピーシーデポコーポレーション<7618> 487 +56
コスト低減などにより第1四半期は営業増益確保。

ワタミ<7522> 1678 +149
第1四半期営業黒字転換を評価へ。

石油資源開発<1662> 2604 +206
原油相場の大幅な上昇を買い材料視へ。

ココカラファイン<3098> 6030 +80
マツキヨHDと経営統合に向け協議開始と伝わる。

SCREENホールディングス<7735> 5850 +330
米中摩擦一服による安心感に加えみずほ証券で格上げの動きも。

太陽誘電<6976> 2152 +127
米国による対中追加関税第4弾の一部先送りで安心感も。

CKD<6407> 1050 +72
半導体関連株高につれ高へ。

コスモエネルギーホールディングス<5021> 1828 +94
原油市況上昇で石油株は総じて強い動きに。

ブイ・テクノロジー<7717> 5440 +390
ハイテク株地合い改善の中で好決算評価が継続。

テイクアンドギヴ・ニーズ<4331> 1253 +82
いちよし証券ではフェアバリューを引き上げ。

やまみ<2820> 2225 -500
償却負担など重しで今期は大幅減益見通しに。

ダブル・スコープ<6619> 965 -97
中国向けセパレータ出荷急減で業績下方修正。

ハウスドゥ<3457> 1467 -206
今期2ケタ営業増益見通しも市場期待には届かず。

キャリアインデックス<6538> 551 -70
第1四半期の6割減益を嫌気。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part1光通信、イオレ、ダブルスタンダードなど