■プレサンスコーポレーション<3254>の強み

1. 立地戦略
大阪府や愛知県などは大きくは都市部と捉えられるが、エリアによって人口の増減に差がある。同社は、近畿圏や東海・中京圏の中でも特に人口増加率の高い立地にフォーカスしてマンションを供給する戦略を徹底してきた。大阪市においては、同社がワンルームマンションを集中して供給するのは6区(中央区、北区、西区、福島区、浪速区、淀川区)であり、人口の増加率は他区及び大阪府と比較して高い(過去3年間で5.3%増)。また名古屋市においても、同社がワンルームマンションを集中して供給するのは4区(中区、東区、千種区、中村区)であり、人口の増加率は他区及び愛知県と比較して高い(過去3年間で2.5%増)。フォーカスするエリアの特徴としては、都市中心部で、オフィスや商業施設等が多く、「住んで良し、働いて良し」の利便性の高いエリアである。コンパクトシティ化が進むなかでも、その価値が色あせない。「都心エリアの利便性の高い立地への供給」という戦略は、人口動態にも、消費者ニーズにも合致しており、同社が急成長を続ける要因の1つと考えられる。

2. 営業力の強化体制
同社の強さの源泉の一つに確かな販売力を有する営業部門がある。営業部門全体で1物件を一定期間に集中販売するために、社内競争が促され、営業員の士気が向上する。また、若手社員には管理職がマンツーマンで現場指導し成功体験を積ませる教育システムも同社の伝統だ。年齢・社歴に関係なく、成果次第で昇給・昇格(年2回)できる評価システムもモチベーション向上に寄与している。成果を上げた従業員には、高い報酬で報いる。2018年の近畿における40歳推計平均年収ランキング(東洋経済オンライン)では、並み居る大企業の中で5位にランクインした。同社の給与水準の高さは就職市場では有名であり、人材不足が叫ばれる不動産業界においても、挑戦心溢れる適材が不足なく採用できている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


<YM>

情報提供元:FISCO
記事名:「プレサンス Research Memo(4):都心人気エリアへの立地戦略で快進撃。近畿で年収ランキング5位