レノバ<9519>は急落。経済産業省では再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を抜本的に見直すと伝わっている。買い取り費用の増加で消費者の負担が高まっていることが背景、新たな競争入札制度を導入してコスト低減を進めるようだ。同社など再生エネルギー開発・運営企業には今後の収益動向への不透明感が強まる状況にもなっているもよう。なお同社は本日、「当該報道について運転中の太陽光発電所の業績および、公表済みの建設中・開発中の太陽光発電事業や風力発電事業にも影響はない」と発表している。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「レノバ---急落、再生可能エネ固定価格買い取り制度見直し報道受け