東エレク<8035>は大幅反発。米アプライドマテリアルズが前日に決算を発表、その後の時間外取引では一時約4%の上昇となっている。2-4月期売上高は減少したものの市場予想を上回る着地となり、5-7月期見通しは市場予想並みの水準としている。また、EPS予想レンジの中心値は市場の見通しを上回っている。市場に対する前向きな見方を維持ともしているもよう。早期の需要回復期待が同社などにも波及する形になっている。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「東エレク---大幅反発、米アプライドが決算後に時間外取引で上昇