※この業績予想は2018年7月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

朝日工業社<1975>

3ヶ月後
予想株価
4,000円

空調・衛生設備工事が主力。半導体・液晶関連の超精密制御装置の製造販売なども行う。メンテ・リニューアル市場への対応強化。中計では20.3期に営業益36億円を目指す。配当性向30%目標。18.3期は増収増益。

期初受注残は897億円(前年比7%増)と豊富。19.3期は手持ち工事の消化が進む。受注高は会社計画ほど落ち込まないと予想。二桁減益を見込む会社計画は保守的。前期並みの利益確保へ。株価は徐々に上向くと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/86,500/3,800/4,000/2,750/430.63/135.00
20.3連/F予/89,000/4,100/4,300/2,900/454.12/140.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/27
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「朝日工業社<1975>のフィスコ二期業績予想