スター精密<7718>は急伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は40億円となった。決算期変更の経過期間で前年同期比較はないものの、市場予想は10億円程度上回る水準であったとみられる。つれて、上半期経常利益は45億円の従来予想から57億円に上方修正。欧州向けを中心に工作機械需要が強かったほか、想定よりも部材不足などは深刻化しなかったようだ。また、発行済株式数1.63%に当たる60万株を上限とする自社株買いの発表もプラス視。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「スター精密---急伸、第1四半期上振れ決算や自社株買いを評価