CAC Holdings<4725>の子会社のシーエーシーは、13日、AWS(アマゾンウェブサービス)のサービス群を活用し、製薬企業が提供する様々な医薬品情報を一括検索できる医薬品情報提供ソリューションの提供を開始したと発表。

本ソリューションにて構築・提供するシステムには、製薬企業が簡単にドキュメントをアップロードできる機能や、医薬品名や病名から検索参照できる機能、関連するドキュメントを検索しダウンロードできる機能などを実装するという。このシステムにより薬剤師等の医療従事者は短時間で漏れなく必要な医薬品情報を検索、確認することが可能になる。また、情報を提供する製薬企業にとっても、資料の管理負担が軽減される。

この背後には、医療現場で製薬企業から提供されている医薬品情報が関連付けされておらず、必要な情報にすぐにたどり着けないという課題があったようだ。同社は2017年よりファイザーと山口大学医学部付属病院薬剤部の共同研究を支援し、医療情報をピンポイントで速やかに漏れなく横断的に検索するための医療情報提供システムを試験的に構築しており、この実績を踏まえて、今回のソリューション提供が開始された。

同社は今後、音声認識検索や機械学習による検索結果の精度向上などの機能を追加してシステムを進化させるとともに、多くの製薬企業や医療機関に利用されるよう取り組んでいくという。
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「CAC Holdings---子会社がAWSのサービス群を活用した医薬品情報提供ソリューションの提供を開始