■株主還元策

インタースペース<2122>は配当の基本方針として、業績動向や資金ニーズ、将来の事業展開のための内部留保などを総合的に勘案して決定するとしており、配当性向としては連結ベースで15~20%程度を目安として考えている。2018年9月期は前期比横ばいの14.0円(配当性向13.7%)を予定している。業績が今後も順調に拡大していけば、配当成長も期待できることになる。


■情報セキュリティ対策
情報セキュリティ対策では、「個人情報の保護に関する法律」が定める個人情報取扱事業者として当該義務を遵守すべく、個人情報や取引データの取扱いに際し細心の注意を払い、ネットワークの管理や独自のプライバシー・ポリシーの制定・遵守、内部監査によるチェック等により、個人情報保護に関し十分な体制を構築している。具体的な取り組みとして、Webサイトやオンライン上の個人情報保護に関する認証制度であるTRUSTeを取得しているほか、社内の事業部長以上の職員に対して個人情報取扱従事者の資格を義務付けている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<NB>

情報提供元:FISCO
記事名:「Iスペース Research Memo(7):配当性向は15〜20%を目安に実施