ロックオン<3690>は16日、サイバー・コミュニケーションズ(CCI、本社:東京都中央区)と協業し、ロックオンが提供する「アドエビス」を活用したデータ分析パッケージ「アドエビスCCI分析パッケージ」を同日より提供を開始すると発表した。

今回の分析パッケージ提供の背景には、アドテクノロジーの発展に伴う顧客ニーズの多様化が挙げられる。広告施策の効果分析において、複数のデータを統合的に分析し、正しく広告費用の投資判断を行うことが求められている。

今回の協業により、アドエビスのデータ計測力と、サイバー・コミュニケーションズが持つメディアプランニングのノウハウを活かした課題改善や新規流入案の提案を通じ、顧客へ最適なソリューションの提供を展開していくとしている。
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「ロックオン---サイバー・コミュニケーションズと協業し、分析パッケージの提供を開始