リクルートHD<6098>は反発。前日は決算発表後に伸び悩む展開となったが、本日は見直しの動きが優勢となっている。前3月期営業利益は1918億円で前期比0.9%の減益となったが、特殊要因を除けば実質は2ケタ増益。今期見通しの2100億円、同9.5%増が市場予想の2350億円程度を下回ったことで前日はネガティブ視されたが、もともと保守的な計画を出す傾向が強いとの見方から、コンセンサスが大きく切り下がる状況にはなっていないようだ。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「リクルートHD---反発、堅調な業績見直しで押し目買い優勢に