※この業績予想は2018年4月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ゼネラル・オイスター<3224>

3ヶ月後
予想株価
1,400円

生牡蠣・牡蠣料理の直営レストランを首都圏を軸に展開。卸売も行う。今年3月末の店舗数は30店。富山に牡蠣の浄化施設を有する。18.3期3Qは赤字縮小。今年2月に第三者割当増資で資金調達。継続前提に疑義注記。

18.3期は不採算店舗の閉鎖などで既存店が底入れ。陸上養殖の実用化に向けた研究開発費などが嵩むが、赤字幅は縮小へ。19.3期は岩手新工場の稼働で加工品の出荷が拡大。既存店の回復も続く。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/3,800/-90/-100/-65/-41.30/0.00
19.3連/F予/3,900/50/50/30/19.01/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/04
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ゼネラル・オイスター<3224>のフィスコ二期業績予想