ライクKN<6065>はストップ高。前日に第3四半期決算を発表している。営業利益は6.2億円で前年同期比2.7倍と急拡大。主力の公的保育事業で認可保育園や学童クラブなどの新規開設数が増加したこと、補助金の増額などが背景となっている。多くの施設における契約更改の成功なども寄与。また、3月31日を基準日として1対2の株式分割を実施すると発表したこともプラス材料視されている。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「ライクKN---ストップ高、第3四半期好決算や株式分割実施を好感