■株主還元策

三栄コーポレーション<8119>では、安定的かつ継続的な配当実施と企業体質強化のための内部留保を踏まえつつ、配当性向30%程度を目途に配当する方針だ。2017年3月期の1株当たり配当金は、上期60円、下期100円(普通配当60円、記念40円)、年間160円(普通配当のみで120円)だった。2018年3月期は、上期60円、下期60円、年間120円を予想する。なお、同社は過去20年間連続して、増配または配当維持をしており(記念配当除く)、安定配当が魅力の1つとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<MH>

情報提供元:FISCO
記事名:「三栄コポ Research Memo(8):2018年3月期は配当120円(第2四半期末60円、期末60円)を予想