※この業績予想は2017年9月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

九州旅客鉄道<9142>

3ヶ月後
予想株価
3,600円

九州の主要都市間を結ぶ鉄道ネットワークを保有。運輸サービスが主力。駅ビル・不動産、流通・外食事業等も。熊本地震の反動等により、鉄道旅客運輸収入は増加。マンション販売も堅調。18.3期1Qは2桁増収増益。

建設業では新幹線関連工事などを受注。流通・外食グループは新規出店効果などが寄与。18.3期通期営業減益計画はやや保守的。利益成長鈍化懸念が株価の重しだが、PERには割安感。今後は戻りを試す展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/400,000/59,200/60,600/46,500/290.63/78.00
19.3期連/F予/410,000/60,500/61,900/47,200/295.00/80.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/09/14
執筆者:YK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「九州旅客鉄道<9142>のフィスコ二期業績予想