16日の日経平均は小反発した。ローソク足は胴体と上下のヒゲが短い小陽線で終了し、売り買いの拮抗状態を窺わせた。昨日に続いて上昇トレンド中の足踏み場面となったが、終値は上向きの5日線や25日線の上側をキープしたほか、ボリンジャーバンドでは+1σと+2σで形成するボックス内にとどまり、依然として上放れを窺う位置にある。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:小反発、小陽線は売り買い拮抗示す