15日の日経平均は4営業日ぶりに反落した。ローソク足は胴体部分の短い陽線を引いたが、長い下ヒゲは5日線を割り込まなかった。一目均衡表で基準線が上向いたこともあり、上昇トレンド中の底固め場面となった。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σで形成するボックス内で推移して終値は+2σ側に位置し、上放れを窺う態勢をキープしている。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:4日ぶり反落、基準線上向き