6日午後の東京市場でドル・円は105円50銭台と、動意の薄い値動き。具体的な材料が乏しく、様子見ムードが広がる。日経平均株価と上海総合指数の軟調地合いは変わらず、株安を嫌気した円買いに振れやすい。一方、米株式先物は高安まちまちで、方向感をつかみにくい。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円46銭から105円62銭、ユーロ・円は125円20銭から125円44銭、ユーロ・ドルは1.1862ドルから1.1886ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は動意薄、材料難で様子見