4日午前の東京市場でドル・円は108円50銭付近と、安値圏でのもみ合い。日経平均株価は前日比300円超安の軟調で、リスク回避的な円買いに振れやすい地合いとなっている。また、上海総合指数やハンセン指数も取引序盤から弱含み、円買いを支援したようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円49銭から108円68銭、ユーロ・円は120円29銭から120円43銭、ユーロ・ドルは1.1081ドルから1.1084ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は安値圏、中国株・香港株も弱含み