NY金先物2月限は大幅反発(COMEX金2月限終値:1484.40 ↑15.20)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+15.20ドルの1オンス=1484.40ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1465.40−1487.70。トランプ米大統領は、米中貿易の合意成立を2020年の大統領選挙後まで遅らせる可能性を示唆したため、今月15日に追加関税が発動され、その影響で世界経済は一段と悪化するとの警戒感から、安全逃避の金買いが広がった。
<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY金:大幅反発で1484.40ドル、追加関税発動を警戒して安全逃避の買いが膨らむ