3日のロンドン外為市場では、ドル・円は109円15銭から108円83銭まで下落している。トランプ米大統領が「中国との貿易合意に期限はない」と述べたことを受けて、15日の関税上乗せへの懸念からリスク回避的な円買いが優勢になっているとみられる。

 ユーロ・ドルは1.1087ドルまで上昇後、1.1066ドルまで下落。ユーロ・円は120円95銭から120円44銭まで下落している。

 ポンド・ドルは1.2965ドルから1.2995ドルまで上昇。最新の英政党支持率で保守党が労働党に対するリードを広げたことで、合意なきEU離脱懸念後退によるポンド買いが強まっている。ドル・スイスフランは0.9912フランから0.9884フランまで下落している。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は108円83銭まで下落