3日午後の東京市場でドル・円は109円10銭台を維持。時間外取引の米株式先物はプラス圏で推移しており、今晩の米株反発を期待したドル買いが観測される。米10年債利回りの下げ渋りも、ドル買いを支援しよう。ただ、日経平均株価などアジアの主要指数が弱く、円買いは弱まっていないようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円95銭から109円21銭、ユーロ・円は120円70銭から120円96銭、ユーロ・ドルは1.1071ドルから1.1083ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は109円10銭台を維持、米株の反発期待で