11日午後の東京市場でドル・円は108円付近でのもみ合い。日経平均株価はじり高となり、リスク選好的な円売りがやや強まったようだ。また、上海総合指数も堅調な値動きとなり、円売りを支援しているもよう。一方、株高を受けて米10年債利回りは緩やかに上昇し、ドル買いが観測される。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円85銭から108円13銭、ユーロ・円は118円73銭から119円03銭、ユーロ・ドルは1.1005ドルから1.1020ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は108円付近、日本株のじり高で