欧州市場でドル・円は一段高となり、足元は106円40銭台に浮揚している。欧州株式市場は主要指数の強含みが続くほか、米株式先物は堅調地合い。株高を受けて米10年債利回りは緩やかに水準を切り上げており、ドル買い・円売り基調が強まった。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円14銭から106円49銭、ユーロ・円は117円64銭から118円05銭、ユーロ・ドルは1.1080ドルから1.1087ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は一段高、リスク選好の流れ