16日午後の東京市場でドル・円は106円20銭台から小幅に値を下げる展開。日経平均株価は前日終値を上回っているが、上げ幅縮小で円売りは一服している。ただ、中国株や香港株のプラス圏推移は好感され、円買いは入りづらいもよう。また、米10年債利回りは低水準から戻しつつあり、ドルは買戻しが見込まれる。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円03銭から106円27銭、ユーロ・円は117円71銭から117円98銭、ユーロ・ドルは1.1096ドルから1.1113ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利はやや持ち直しも